起業する人を全力で応援しています。創業融資、資金調達に特化した専門コンサルティング会社です

創業融資、資金調達、事業計画書作成

制度融資とは

「制度融資」とは、都道府県や各市町村などの各自治体と信用保証協会と指定金融機関が行う公的融資制度のことをいいます。会社創設や中小企業の方が金融機関から融資を受けやすくする為の制度です。

「制度融資」は自治体の管轄する地区に住む住民や企業が対象です。

数多くの自治体が複数の融資を設けおり、その融資の内容や条件は、各自治体により全く異なるのが特徴です。

 

基本的には、指定金融機関が窓口となり、自治体から預かる預託金を用いて融資を行いますが、融資基準への適合や代表者に対する面接などを行うのは、自治体の担当者が行います。

また、「制度融資」を受けるには信用保証協会の保証が必要になります。 信用保証協会は、経営者の人物、資金使途、返済能力等を総合的に判断して保証の諾否や保証金額を決定します。

 

金融機関からの融資であっても、各自治体の支援と信用保証協会の保証がある為、低利で、新規開業者や中小企業を経営されている方でも融資を受けることができる制度なのです。

 

創業融資を考えている方は、検討してみることをお勧めします。

制度融資のメリット・デメリット

メリット
・金利が低い
・連帯保証人が不要

・金融機関の審査はあるものの、信用保証協会の保証が付くため、融資がおりやすい
・会社創設の資金にも利用しやすい

 

デメリット
・自治体と銀行の2段階で審査するため、融資を得るまでに1ヶ月~2ヶ月程かかる。
・自治体により異なるものの、審査に若干手間が掛かる。
・税金を滞納、高金利から借金がある場合、融資を得ることができない場合もある。