起業する人を全力で応援しています。創業融資、資金調達に特化した専門コンサルティング会社です

創業融資、資金調達、事業計画書作成

創業を思いついたら

創業を思いたった日から実際に創業するまでの間に、準備すべきことがいくつもあります。事前にどれくらい検討し、準備したかが創業後の経営を左右します。次のフローチャートで確かめてみましょう。

1.創業動機は明確ですか?
どういう目的で、何をやりたいかをはっきりしていますか?創業しようとする事業内容が顧客のニーズや時代の流れに合っているかということも重要なポイントです。

2.創業する事業について経験や知識は有りますか?
創業しようとする事業は、まず経験のある業種や知識、興味のあるところおよびその周辺というのが妥当なところでしょう。 技術やノウハウなどの修得には経験が何よりも重要です。また、受注先を確保できるかどうかは、勤務時代につちかった人脈、信用が大きく左右します。 その中であえて未経験の分野での創業を目指す場合、なぜその分野なのか、きちんとした事業計画が必要となります。

3.経営者に必要なことは何ですか?
経営者に必要なのは、強い意志、努力、体力、そして金銭感覚です。法律、経理、税務、労務などの知識はもちろん無いよりあった方が良いのですが、専門家がいますので相談しながら、自分自身少しずつ学んでいくこともできます。

4.家族の理解はありますか?
信頼できる協力者としての家族は困難を乗り越えていくときの大きな支えになります。その為、家族の理解が得られているかどうかということは、融資の審査にも大きく影響してきます。

5.創業場所は決まっていますか?
業種によってはどこで創業するのかということが重要になります。一般的に立地条件の良い場所は費用負担が重いので、採算が合うかどうかを慎重に検討する必要があります。 また、所有物件の活用や立地条件にマッチした商品やサービスの提供についても検討してみましょう。

6.必要な従業員は確保できますか?
必要とする人材像を明確にし、早めにあたりをつけます。優秀な人材を採用するには、何らかの魅力づくりが必要です。 事業が軌道に乗るまで、人件費は重い負担となります。家族労働、人材派遣会社、パートタイマーなどの活用も検討してみましょう。

7.売上高や利益等を予測してみましたか?
売上(収入)は多めに、支出(費用)は少なめにといった甘い見通しになりがちなものです。同業他社の実績など、裏付けのある数字をもとに考えてみましょう。

 

8.自己資金は準備していますか?
事業を早めに軌道に乗せるためには、借入金は少ないに越したことはありません。借入金の返済負担は、事業の採算性や健全性をそこねることがあります。 創業を思いたったら、まず着実に自己資金を蓄えることから始める、という堅実な姿勢がとても大切なのです。 また、創業資金の借入に際しては、保証人や担保などが必要な場合があります。あらかじめ検討しておいたほうがよいでしょう。


9.事業計画書としてまとめてみましたか?
自分の描く事業のイメージを具体的に文字や数字で確かめてみることはとても大事なことです。 事業計画書は借入の際の説明資料として必要ですが、自分のやりたいことが実現可能なのかを明らかにしてくれます。

 

 

上記の内容が、全て「はい」の方は、創業に向けて具体的に準備を進めてみても大丈夫だと思います。